1. トップ
  2.  > 
  3. 初めての方
  4.  > 
  5. 有料老人ホームを知ろう
  6.  > 
  7. 有料老人ホームの類型

有料老人ホームの類型

介護が必要になった場合の対応の違いによって名称が異なります。
老人ホーム選びの際、違いとして知っておくと便利でしょう。

類型 介護が必要になった場合
健康型
有料老人ホーム
契約を解消し、退去しなければならない。
住宅型
有料老人ホーム
外部の訪問介護などの介護サービスを利用しながら、ホームでの生活を継続することができる。
介護付き
有料老人ホーム
ホームが提供するサービスを利用しながら、ホームでの生活をすることができる。
サービス付き
高齢者向け住宅
外部の訪問介護などの介護サービスを利用しながら、ホームでの生活を継続することができる。

健康型有料老人ホーム

一般的に、介護サービスを提供しない「健康型」は費用が安いようです。入居者のほとんどの方がお元気であることが特徴ですが、 反面、介護が必要になった場合には退去しなければなりません。健康型有料老人ホームへの入居を検討する場合、もし介護が必要になったら、 ということについて考えておきましょう。

住宅型有料老人ホーム

「住宅型」は外部のサービスを利用するので、基本的にサービスを受ける先を選ぶ事ができます。 サービスを受ける先に不満があれば変更できるので、この点で「介護付」と比較すると選択肢は広いといえます。 しかし、在宅で介護を受けている状況と変わらないので、介護度が重くなるほど、費用負担は増えていきます。 進行性の疾病を抱えている場合は、最終的にどのくらいの費用負担になるかについても試算しておくとよいでしょう。

介護型有料老人ホーム

「介護型」は日頃接しているヘルパーが介護を行うことや、24時間ケアスタッフがいるという点で安心感が持てます。 ただし、ホームによってサービス料金が異なりますので注意が必要です。もちろん介護サービスを受ければ受けるほど費用も高くなります。 「介護型」といっても「介護が必要になったら?」という視点も忘れず料金を含め、チェックすると良いでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅

お元気な方から介護の必要な方までご入居できる住宅で、なかにはキッチンや浴室が居室内にある住宅もあります。 在宅サービスをつかい生活をしていただきますが、介護付き有料老人ホームの包括的なサービス提供ではありません。 住宅により設備内容や独自のサービスの差がありますので、希望に近い住宅をいくつか比較することが大事です。


  • 有料老人ホームって何?
  • 有料老人ホームの類型
  • 有料老人ホームのサービス
  • 有料老人ホームに入るタイミング


初めての方
サービス概要
安心のサポート体制
入居までの流れ
当紹介センターを利用する5つのメリット
老人ホーム8つの選び方ポイント
有料老人ホームを知ろう
よくある質問
ご相談者様からの声
メールでの無料相談お問い合わせフォーム

メールでの無料相談はこちら